Top >  マッサージジェルの成分 >  水溶性コラーゲン

水溶性コラーゲン

コラーゲンとは私たちの体を構成している繊維状たんぱく質のことです。皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)で構成されており、真皮の主成分がコラーゲンです。正常な肌のコラーゲンには弾力があり、支柱のような役割をして、表皮をしっかりと支えています。また、支柱と支柱の間には肌の潤いを保つ水分をしっかりと抱えこみます。

しかし、加齢や、紫外線などで、架橋形成され不溶化します(不溶化コラーゲン)。すると毛細血管から栄養分が低下し、新陳代謝が衰え、水分含有量が減少し、肌にハリがなくなり、シワやタルミの原因になるのです。

水溶性コラーゲンは、架橋形成されておらず、弾力性・ハリ・潤いがあります。若々しい肌に多く、しわやたるみがない肌に多いです。反対に不溶性コラーゲンは、架橋形成されており、弾力・ハリ・潤いがなく、かさついています。水溶性コラーゲンはお肌への浸透性が非常に高く、お肌にしっかりと浸透し、また水分を逃さないので、様々な化粧品に使用されており、美容には欠かすことのできないものとなっています。

マッサージジェルの成分

リンパマッサージの効果を最大限に引き出すために、マッサージジェルの使用は欠かせません。マッサージに使うジェルはこだわりの成分を配合しています。そのひとつひとつをご紹介します。