Top >  リンパマッサージの基礎知識 >  リンパ節とは?

リンパ節とは?

リンパ節とは全身に張り巡らされているリンパ管が合流する所で、主に首・わきの下・足の付け根などに存在します。リンパ節は全身から組織液を回収して、組織内に進入、あるいは生じた非自己異物が血管系に入り込んで全身に循環してしまう前にチェックし、免疫応答を発動して食い止める関所のような機能を持っています。個人差がありますが、全身に600箇所くらいあるといわれています。そのうちの半分くらいのリンパ節が集まっているのが首の付け根の鎖骨部分です。

この鎖骨リンパ節はリンパ液が体中をめぐり運んできた老廃物が行き着くところなので、リンパの流れが鈍りやすくなる箇所です。自分の手で首や鎖骨周辺に適度な刺激を与え、リンパの流れを促進させてやることは、今すぐにでもできる健康への第一歩といえるかもしれません。

■主なリンパ節は次のとおり。
・鎖骨(鎖骨リンパ節)
・脇の下(腋かリンパ節)
・アゴの下(顎下リンパ節)
・腹部(腹部リンパ節)
・脚の付け根(そけいリンパ節)
・ひざ裏(膝かリンパ節)
・耳の前(耳下腺リンパ節)

リンパマッサージの基礎知識

リンパマッサージは基本的な知識や手技を覚えるだけで、自宅ですぐにはじめられることができるとても便利なマッサージ法です。リンパマッサージの効果はとても幅広く、むくみ、冷え性、セルライト、ダイエットなど美容や健康面に大きな効果を期待できます。現代人は運動不足が原因で体内のリンパ液が停滞しています。リンパマッサージでは流れの悪くなったリンパをスムーズに流し、蓄積された老廃物を流し去ることを目的としています。