Top >  経路マッサージ >  五臓六腑とは?

五臓六腑とは?

五臓六腑(ごぞうろっぷ)とは、東洋医学において人間の内臓全体を言い表すときに用いられた言葉です。「五臓」とは、肝・心・脾・肺・腎を指します。心包を加え六臓とすることもある。「六腑」とは、胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦を指します。関係臓器がない三焦をはずして五腑とすることもあります。現代医学における解剖学の知見とは異なる概念です。

五臓
●肝臓
魂を臓し、判断力や計画性などの精神活動を支配、そのため「罷極の本」「将軍の官」と呼ばれる。血を臓して血液の量を調節。筋肉を司る。筋肉がだめになるとひきつれを起こす。その状態は爪に反映される。目に開竅しており、ここが悪くなると肝の機能が低コする。疏泄(気血をスムーズに流す作用)を司る。液は涙。

●心臓
神を臓し、五臓六腑を統括し、知覚・記憶・思考・意識・判断などの精神活動の支配、五臓六腑の調和を保ったりしている。そのため「生の本」「君主の官」「五臓六腑の大主」と呼ばれる。血脈を司る。脈を介して血を全身にくまなく運行させる。身体諸器官の活動を支える。顔のつやにも反映している。舌に開竅しており、ここが悪くなると心の機能が低下する。液は汗。

●脾臓
営を臓し、運化(水穀を消化し、後天の精や津液、血・営衛などを吸収して全身に送る作用)、昇清(運化で吸収したものを上の肺に送る作用)、統血(営気を脈中へ送ることによって、血が脈外に漏れるずに、順調にめぐるようにする作用)を担当する。それゆえ、「後天の本」「創稟の官」と呼ばれる。肌肉を司る。唇にも反映する。口に開竅しており、ここが悪くなると脾の機能が低下する。そのほか、津液の生成も行う。液は涎

●肺臓
気を担当し、宣発(昇発と発散のことで、呼吸により濁気を吐き出したり、津液と気を全身に散布したり腠理を調節する作用)、粛降(粛浄と下降のことで、呼吸により清気を吸い込んだり、津液を腎・膀胱に下輸したり、気道を清潔にしたりする作用)、水の上源(脾の働きによって胃から上部に運ばれた津液を全身に散布する作用)を担当する。そのため、「気の本」「相傅の官」と呼ばれる。皮毛を司る。鼻に開竅しており、ここが悪くなると肺の機能が低下する。液は涕

●腎臓

●心包

六腑

小腸

大腸
膀胱
三焦

経路マッサージ

東洋医学の基本概念である「気」のエネルギーを通す道を経路といいます。そしてこの気の流れを調節しているのがつぼで、これを刺激して気を正常に流れるようにするのがツボ療法の考え方です。西洋医学ではつぼという考え方はあまり一般的ではありませんが、中国にはこの経絡を気がたどっていくことがはっきりと体感する人もいるといいます。