Top >  リンパマッサージで病気予防 >  脳梗塞とは?

脳梗塞とは?

脳梗塞とは、脳の血管につまりが起こってしまう症状で、ときには命を奪うこともあります。命が助かった場合でも、後遺症が残るケースがかなりあります。脳の血管が詰まると血液が流れなくなるため、その部分の細胞は死滅してしまいます。しかも、脳の細胞は再生力がありません。そのため、死滅した部分の機能は失われたまま、回復するということはありません。

脳梗塞は、脳血栓と脳塞栓の2種類に大別することができます。脳血栓とは、脳の血管が動脈硬化などによって細くなって血液が流れなくなり、血栓ができてしまう場合のことを指します。つまり、脳の血管の中で血栓ができてしまい血液が流れなくなった状態のことをいいます。

一方、脳塞栓は、脳の血管の中で血栓ができてしまったのではなく,他の部位の血管でできた血栓が、血液の流れに乗って脳部分の血管に流れてきてしまった状態をいいます。

リンパマッサージで病気予防

リンパマッサージは体内に停滞している老廃物をリンパの流れをよくすることでキレイに流し去ることを目的としています。もし、これらの老廃物が体の中を占領していくと、様々な病気を引き起こす可能性が高まります。