Top >  マッサージジェルの成分 >  ミョウバン

ミョウバン

ミョウバン(明礬)とは、1陽イオンの硫酸塩 MI2(SO4) と金属イオンの硫酸塩 MIII2(SO4)3 の複合塩の総称のことです。染色剤や防水剤、消火剤、皮なめし剤、沈殿剤、防臭剤などの用途があり、古代ローマ時代から使われてきました。ミョウバンは結晶となった天然塩を「アルム石」と呼んでデオドラント剤として使用されてきました。

ミョウバンは水に溶けると酸性になります。匂いは皮膚表面の雑菌が汗の成分を分解することで発生します。皮膚が酸性であれば、雑菌の繁殖が抑制され、結果的に匂いが抑えられます。また、制汗作用もあるため、汗とともに匂いも抑えることができます。ニオイ成分の含まれた汗をおさえれば、当然臭いも抑えることができるのです。

さらに、皮膚上でつくられた匂いそのものを消臭する作用もあります。ミョウバンには先にあげたように、さまざまな金属が含まれているので、酸化還元反応による金属消臭が行われたり、匂い成分の中和による消臭も行われます。特に酸性の性質のあるミョウバンは、アルカリ性の匂い成分であるアンモニアに対する消臭作用は特異的です。

マッサージジェルの成分

リンパマッサージの効果を最大限に引き出すために、マッサージジェルの使用は欠かせません。マッサージに使うジェルはこだわりの成分を配合しています。そのひとつひとつをご紹介します。