Top >  経路マッサージ >  効くツボはココ!・・・高血圧

効くツボはココ!・・・高血圧

働き詰めの現代社会において、過労が原因で高血圧や、更に悪いケースでは動脈硬化にいたるケースをよく耳にします。中高年の病気というイメージが強い高血圧ですが、最近では若い人たちの間でも良く見かける病気になっています。ストレスが主な原因であるということは間違いありませんが、高血圧者の40パーセントが遺伝によるものだとも言われています。

高血圧の症状は頭重感、頭痛、肩こり、めまい、はきけ、耳鳴りなどがあげられますが、これらの症状は高血圧でない人と比べてもほとんど差がない場合が多いのです。つまり無症状なのです。そのため、脳卒中、心臓病、腎臓病などの合併症が突如として出てくるのです。高血圧の人は早めに対処しましょう。

@人迎(じんげい)・・・のどぼとけより指2本分外側のくぼみ。さわると拍動を感じるあたり
血圧を安定させます。首筋に手をおいて、一指か二指をツボにあて、首を動かしながら、やさしく抑えます。くれぐれも刺激しすぎないように。

A復溜(ふくりゅう)・・・うちくるぶしから指3本分上で、アキレス腱の前
利尿作用を促進し、冷え性を緩和します。両手で足を包み、親指を重ねてツボにあてます。息を吐きながらゆっくり押します。

経路マッサージ

東洋医学の基本概念である「気」のエネルギーを通す道を経路といいます。そしてこの気の流れを調節しているのがつぼで、これを刺激して気を正常に流れるようにするのがツボ療法の考え方です。西洋医学ではつぼという考え方はあまり一般的ではありませんが、中国にはこの経絡を気がたどっていくことがはっきりと体感する人もいるといいます。