Top >  タイ古式マッサージ >  タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージの歴史は2500年にも及び、古くは仏陀の時代から今日まで脈々と受け継がれてきたタイの伝統的な医療の一つです。仏教との関係は非常に密接なもので、国民の95パーセントが仏教徒というタイにおいて、タイマッサージは仏教と共に伝承されてきたといえるでしょう。

タイでは公的機関である衛生省がタイ古式マッサージを管轄しており、その総本山は『ワット・ポー』というバンコクに位置する王宮からすぐ近くの寺院にあります。タイ式マッサージはインドのアーユルヴェーダをベースにしつつ中国の指圧、経路やチベットの伝承医学などの影響を受けながらその独自性を確立し発達してきました。

その特徴は、人体に流れるエネルギーラインである『セン』を刺激することにあります。センを刺激する事で、センの周辺に集中する神経や血管が刺激され、リンパ球の活性と増加・血液の流れの促進・身体の痛みの緩和・人間が持つ自然治癒能力・免疫力を高めるなどの効果があるとされています。マッサージの手法は指圧、整体、矯正、ストレッチングと様々なバリエーションがありますが、特にプロレスのアクロバチックな技を思わせるストレッチングの手法の豊富さにはただただ圧巻です。

タイ古式マッサージ

タイ古式マッサージは2500年もの歴史を持つタイ独自のマッサージです。タイ式マッサージの体操版とも言われるルーシーダットンと共にその特徴、起源、効果などをご紹介します。